スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_02160014.jpg

クリップボード03 DSC_02150013.jpg
DSC_01640001.jpg DSC_02070012.jpg
今回依頼を受け製作しました。
ハセガワワーゲンバスタイプ2のキットを使って、依頼主であるオーナーさん所有の「ちゃたバス」の「和」を表現したカラーリングに挑戦してみました。
read more...
スポンサーサイト

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記7

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_01590001.jpg

実は接着中にドアの金具パーツを折ってしまい、そのパーツを接着・整形、塗装してる最中なのですが、それ以外は完成です。
明日にでも写真を撮ってUPしたいと思います。

ローゼンメイデンシリーズ オークション終了

カテゴリー: 2008年製作記

たくさんのアクセス、ウォッチありがとうございました。
s-クリップボード10

ローゼンズ、オークション終了です。
また落札者様との取引も無事に終了することができました。輸送の際のトラブル・破損もなかったようで、そして気に入っていただけたようで安堵してます。

思い返してみるとこのキットは自分にとってガレキのいろはを教えてくれた、別の言い方をすると叩き込まれた、そんな位置づけのキットでもあります。
パーティングライン・段差の消し方、気泡の埋め方、パーツの歪みの直し方、衣服へのグラデのつけ方、瞳の描き方etc・・あげていくときりがありません。大げさな言い方になりますが、多量の経験値を獲得する事が出来た、という実感がこの手にはあります。
この経験を活かせるようまた日々手を動かしていこうと思います。薔薇乙女達よ、ありがとう!

また原型師の間崎さん、途中投げ出しそうになったときに励ましてくださった方々に心よりの感謝を。

いつかまた腕を磨いて再挑戦してみたいと思います。とりあえずオークションのアラート登録しときました(笑

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記6

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_01370001.jpg
ほぼ完成、といったところです。
あとは内装の塗り分けやリタッチ等・・ですがここに来てマスキングテープや溶剤等の消耗品が切れてしまい一時作業中断。

地方モデラーにとって強い味方の里美デザインさんにて色々と注文しました。
ここはとにかく梱包が丁寧で発送手続きが素早くしかも安いと三拍子そろったお店。注文した翌日には商品が手元に。素晴らしい。いや社員乙とか言わないで!

タミヤ マツダRX-7 R1 製作記3

カテゴリー: 2008年製作記

FDの窓枠を塗る段になってようやくクリアーパーツの存在に気づきました。
そしてキズだらけで凹む・・
仕方がないのでまた研ぎ出しです。2000番ペーパー→3000番研ぎ出しクロス→コンパウンド粗目・細目・仕上げ目とかけていきます。
そして窓枠塗り。
DSC_01160001.jpg
窓枠を塗るとき、いつもエアブラシか筆塗りどちらにするか迷います。
エアブラシならば、マスキングに手間は掛かれど塗膜は平滑で真っ直ぐの線が引ける。ただし境界がビビる。筆は線が歪みやすい、塗膜が凸凹になりがち、しかしうまくいけばビシッときれいに塗り分けられる・・どちらが自分に合っているのかいまだに判断をつけられずにいます。
DSC_01210001.jpg
今回はエアブラシで塗ります。
マスキングしてアクリルのフラットブラックを吹きつけ。
そしてエナメルのフラットブラックでリタッチ。
少しマスクゾルがこびりついてますが、あまりビビらずそこそこきれいに塗り分けられたと思います。

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記5

カテゴリー: 2008年製作記

完徹して研ぎ出し終えた勢いで窓枠塗装しちゃいましたよ?
DSC_10120001.jpg
ちなみにエナメル筆塗りです。なんかビシッと決まっちゃったんですけど!すごい!今日の(昨日の?)おれは一味違う!・・でもあとで見直すと線がよれてたりするんだろうなあ・・完膚なきまでナチュラルハイってます。

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記4

カテゴリー: 2008年製作記

クリップボード09

私の膝の上に乗っているのは我が家で一番の古参のすずです。
塗装しているときはシンナー臭がするので寄ってこないし(不思議なことにクレオスのレべリングうすめ液は大丈夫なのですがフィニッシャーズのピュアシンナーをひどく嫌ってます。トルエンに反応してるのかなあ)、毛が舞うので近づけさせないのですが、それ以外は好きにさせてます。
どうも作業中の私の膝の上がお気に入りのようで。そういえばレジンキットの表面処理中もちょっと自重してもらってますね。レジン屑は吸い込むと有害ですし。
なんにせよこいつが膝にいないと作業効率6割減です(何

それはともかく、研ぎ出しです。今回は二体同時進行で効率アップを計ります。
普段は2000番ペーパー→コンパウンド荒目→細目→仕上げ目とかけていくのですが、こげ茶の部分は磨き傷が目立ちやすいので今回は2000番ペーパーのあとに3000番のクロスをかけることにします。それでも磨き傷を消すのに大分苦労しましたが・・
DSC_10080001.jpg
研ぎ出し終わった後の画像です。
自分の手際の悪さも相俟って3日も掛かってしまいました。
それでも結構いい光沢が出てるんじゃないでしょうか。

タミヤ マツダRX-7 R1 製作記2

カテゴリー: 2008年製作記

こちらのFDほうも細々と作業進行中です。
シャシ、細部の部品の塗装が終わったので組み上げてみます。

まずは裏側。
DSC_0972.jpg
完成後に見えなくなるところですが面倒くさがらずに塗り分けました。といってもマフラー等への汚しは行っておりません。説明書どおりに塗っただけ。それでもそこそこ見れるようになるのはさすがタミヤといったところでしょうか。
DSC_0970.jpg DSC_0979.jpg

画像を見て気づいたのですが、色がはみ出してるところがありますね・・あとで修正しときます。
内装はジャーマングレー、つや消し黒、スーパーディープブルー等で塗り分けたのですが、あまり違いは出ず。
タイヤは少しやすりがけをして使用感を出してみました。ホイールにはフラットベースを少し加えたクリアーブラックを薄く吹きつけほんの少しツヤを消してあります。
DSC_0987.jpg

一刻も早くFDの姿を見てみたいという幼稚な欲求に勝てず、ボディを出来上がったシャシに取り付けてみました。
尚、このFDのグレードR1は海外向け仕様、ということで左ハンドルになってます。国内でのタイプRに相当するグレードみたいですね。

こちらのほうも残すはボディの仕上げのみといったところです。

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記3

カテゴリー: 2008年製作記

ここ一週間ほど色々とありまして、あまり作業が進んでいなかったのですが。

とりあえず全てのパーツに色が付きました。
DSC_0968.jpg
内装は結構省略されてる部分があるのですが(ドアの内側とか)、できるだけ実車と同じように塗り分けてあります。
ミラー、ライト等のメッキパーツは漂白剤に漬けメッキを落とした後、クレオスのメッキシルバーにて塗装し直してます。
残すは研ぎ出し、窓枠塗りのみ。ここからが正念場といったところです。

ねこひろいました。

カテゴリー: nekonekoゆみぽ

えーと、猫拾いました。
クリップボード03
本来猫記事はゆみぽの担当なのですが、今回は事情が事情ですので私けんが更新してます。
read more...

ローゼンメイデンシリーズ オークション出品中・・・

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_0758.jpg



ローゼンズ出品しました。


・・・いや開始価格一ケタ間違えてるんじゃね?というツッコミが聞こえてきそうですが。
素人製作にせよこれだけ苦労して作ったものが二束三文で落札されるとこを見たくない、入札なくてもかまわない、というのが正直なところです。
・・・いやじゃあなんで出品したんだ?というツッコミが聞こえてきそうですね。

なにはともあれよろしくお願いします。生暖かく見守ってやってください。

ムサシヤ 水銀燈 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_0849.jpg

現在の自分のスキルで完成まで漕ぎ付けられるか疑問に思いながら作業を進めてきましたが、ようやく見通しというか製作の方向性が見えてきたのでupします。
read more...

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記2

カテゴリー: 2008年製作記

今回はこのキットを組み立てる上で最も難関だと思われるワーゲンエンブレムの塗り分けを行います。
というかここは普通別パーツにするべきところだと思うんですが・・
DSC_0811.jpg クリップボード08

普通にマスキングテープを切り出して貼るには地獄過ぎる難易度ですが、キット付属のデカールを利用することで少しは楽が出来そうです。
このマークの上にマスキングテープを貼り、ナイフでマスクしたい部分だけ切り出していきます。
細心の注意を払って切り出したつもりですが、少し線がヨレてしまったりしてエンブレムの側面までテープが掛かってしまった部分も出てきました。が、まあリタッチで何とかなるだろうと割り切り塗装に入ります。

DSC_0823.jpg
 乾燥後、テープを剥がしたところ。案の定エンブレム側面に塗料が乗ってないところがありますが、想定内といったところです。リタッチとスミ入れで何とかなりそうです。




DSC_0829.jpg
 そしてリタッチ後、クリアーを吹いた状態です。
厚吹きしたクリアーが乾燥した後、いよいよ研ぎ出しです。平面が多いこのボディを鏡面仕上げするには骨が折れそうですね。




タミヤ マツダRX-7R1 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_0813.jpg DSC_0819.jpg

2ヶ月ほどサフ前の状態で放置していたRX-7です。
今回依頼でワーゲンバスを手がけることになり、カーモデルのカンを取り戻すために製作再開させることに・・というと聞こえが悪いですがもちろんこのFDも大好きな車ですよ!

今回塗料は全てフィニッシャーズを使用しました。
工程は表面処理後、サフ代わりにファンデーショングレーを吹き表面チェック。
その後ファンデーションブルーで下地を作り、APブルーで塗装。
乾燥後、オートクリアーを薄く吹きつけ、デカールを貼ります。
そしてオートクリアーを再度吹きつけ。
今現在の状態としては、クリアー中研ぎ後、再度クリアーを吹いて乾燥待ち、といったところです。
クリアー吹きっぱなしてこれだけツヤが出てれば十分でしょうか。

ハセガワ フォルクスワーゲン タイプ2 デリバリーバン改め「ちゃたバス」製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_0799.jpg DSC_0803.jpg
DSC_0809.jpg DSC_0800.jpg

リンク先の「ちゃたバス☆あんまき」さんより依頼を受け製作しておりますワーゲンバス改め「ちゃたバス」です。

実は先日upした画像は一週間程前の画像でして、今日やっとボディ上部のオレンジを塗装できたところです。
しかしこのオレンジとこげ茶の色味の再現が難しい!写真を何枚かいただいてそれを見比べながら調色を行ったのですが、光の加減によりがらりと表情を変えるオレンジに悩まされました。黄みを帯びて見えたり赤みが強かったり濃く見えたり薄く見えたりetc・・
異なる照明の下で何枚か写真を撮ってみましたがまたガラリと表情が変わりましたね・・実際にはもっと濃い色です。一番肉眼での色味に近いのはホイールかな。

拍手コメントのお礼について 3

カテゴリー: GK・プラモ製作・その他

ローゼンズに対するたくさんのWeb拍手ありがとうございます。
一日10数ヒットと寂れたところですが見て下さる方がいるというだけでやる気が出てきます。
原型師の間崎さんにも喜んでもらえたようで一安心。

あといつも拍手コメントをくださるkさん、ありがとうございます。模型を始めてまだ日が浅い若輩者ですが、丁寧な作業を心がけているのでそこを汲んでくださるのはとてもありがたいことです。

ローゼンズを完成させて若干気が抜けてしまいましたが、手は動かし続けておりますよ。
とりあえず途中経過なぞを。
DSC_0787.jpg DSC_0792.jpg

ハセガワのフォルクスワーゲン・マイクロバスとタミヤのRX-7です。
ワーゲンバスのほうはリンクにある「ちゃたバス☆あんまき」さんからの依頼品(!)です。

あとフィギュアも一体表面処理中です。が、分割に難があるキットでして、作業が相当難航しております。詳細はまた後ほどに。

追記:ローゼンズ、オークションに出品する方向で進めて行きたいと思います・・
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。