スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

L.M.U-23 博麗 霊夢&霧雨 魔理沙 製作記2

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_00010001_1.jpg
ゆっくりの霊夢魔理沙、ようやく下地が出来上がりました。

只今5体のキットを同時進行中で・・ここ一週間はサフ吹き→キズ、気泡埋め→磨き、のループです。
そのループからいち早く抜けられたのがこのキット!・・とはいえ、
その圧倒的な微細気泡の量にはかなり手こずりました。
その他にもごついゲート、あらかた欠損しているパーツ先端部・・など、
こういうキットのことを「イベントキット」と呼ぶのだろうなあ、としみじみ感じさせられました。

しかし盆から先週の金曜までずっと表面処理を続けてきたので、結構飽きがきてしまっていたり。
で、気分転換にこの土日を使い、読書を。
DSC_00060002.jpg
とはいえ大半は漫画ですが。最近めっきりと小説などの活字の本を読まなくなりました。


スポンサーサイト

ツール紹介など1~アクセルS35シンナー導入

カテゴリー: GK・プラモ製作・その他

DSC_00160001.jpg
自分のシンナー遍歴は、クレオスレベリングうすめ液→ガイアモデレイト溶剤→フィニッシャーズピュアシンナー、という感じで使用してきたのですが、少し思うところがありまして一ヶ月ほど前からこの藤倉応用化工製の「アクセルS35シンナー」を使ってます。

ピュアシンナーの乾燥の速さ、ツヤが出やすい、といった性質が気に入って一年くらい使用してきたのですが、これ結構なお値段なんですよね。250cc入りが定価で740也。

最近になってシンナーの使用量が増え、代わりになるものを探していたところ、某巨大掲示板の塗料スレにて、このアクセルS35がピュアシンナーと同等品ではないか、という情報を入手。
早速購入して試してみることに。
3kgで2153円!安いです。

実際の使用感ですが、ピュアシンナーとそう大差ないよう感じられました。
乾燥が速く、ツヤも出やすいです。
また一度ドボンに使ってみたのですが、これが驚くほど早く塗膜をはがしてくれました。
紙コップの中にアクセルS35を張り、30秒ほど漬けておくだけでほぼ完全に塗料が落ちました。
ピュアシンナーと比べてどうかはわかりませんが、溶かす力は相当なものです。
今ではエアブラシ洗浄にもこいつを使用してます。

ただそれだけ強力なものであるということは、それだけ毒性が強いということでもありまして・・
使用の際は塗装ブースはもちろん、マスクのほうも必須かと思われます。
DSC_00190004.jpg
塗装の際の頭痛、歯痛に悩まされて導入しました。
ピュアシンナーに切り替えた頃から使っている3M製の防毒マスクです。
模型用にするには多少オーバースペックな気もしますが・・
吸収缶が1セットで1500円と結構なお値段なのですが、健康には代えられないので。
もはや塗装の際の必需品となってます。

GILLGILL プラクティスキット アフリカゾウ 製作

カテゴリー: 2008年製作記

以前作ったライオンと同じネイチャー・シリーズのプラクティスキット、アフリカゾウです。
こういったリアル系のキットは塗っていてとても楽しい!
元々塗装技術習得を目的に企画されたシリーズらしいので、パーツ数も抑えられ塗装に集中できる、というのもポイント高いです。

表面処理もそこそこに早速塗装に入ります。
なるべく付属のテキストに沿うように進めていこうと思います。

今回サフは吹かずに下地にプライマーを使用しました。
DSC_00100001.jpg
ベース色にニュートラルグレーを使用。
それにホワイトを足し塗ります。なるべく凹部分に色が乗るように。逆に凸部分には発色させすぎないように。
DSC_00120002.jpg
次にシャドウ色を吹きます。
ベース色にレッドブラウンを混ぜ赤めのグレーを作り影になる部分に吹きつけ。
DSC_00140003.jpg
2段階目のシャドウ吹きです。
ベース色にピュアブルーとピュアブラックを混ぜ青めのグレーを作り吹きつけ。

グレーということもあって、画像ではあまり色の濃淡がわかりませんね。
エアブラシでの塗装はここまでで、後は筆塗りで仕上げます。

またベースですが、作例の木目調のグロス仕上げが素晴らしいので真似して塗ってみます。
DSC_00170004.jpg
なのでこのパーツだけは表面処理をしっかりとやります。
何気に表面のキズや気泡が目立ったので溶きパテを使ってます。

猫の事務所 魔理沙 霊夢 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_00040001.jpg  DSC_00080001.jpg
東方Projectより猫の事務所さんの魔理沙と霊夢です。
先日行われたWFにて購入。
そういえば昨日海洋堂WF公式ページにてWF2009冬の開催延期の発表がありましたね・・一回休みも止むなしか、と思っていただけに中止ではなくて延期、というアナウンスに期待してしまっているのですがどうなるのでしょう・・

微妙にエロスなこのキット、Blogで公開してもいいものかどうか一瞬悩みましたが、まあディーラーの猫の事務所さんのBlogにて作例が公開されているのでまあいいか・・ということで載せちゃいます。

とりあえずゲート処理、パーティングラインの処理を終え仮組みしたところです。気泡はほとんどありませんし、パーツ同士の合いも良いです。
表面の状態も良いのでサフレスで仕上げる予定です。
肌色をきれいに塗ることが自分にとっての課題となりそうです。

ボークス 蒼星石 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

今年の盆は模型漬けでした。
真紅を塗り、完成品の撮影、そして次なるキットに手をつけ始め・・既に収拾がつかないくらいの数に手を出してます。更新のほうが追いついてません。
まずはこちらから。
DSC_00190001.jpg
先日完成させた真紅と同シリーズとなるボークス蒼星石です。
対となる翠星石も一緒に製作したかったのですが、そのボリュームと既に手をつけ始めているキットの多さに尻込みし・・
とりあえず蒼の子のほうから作ることに決めました。

鋏のモールドが若干甘い感じがするのですが、他は特に問題ないですね。
気泡も見当たらず、表面の状態やパーツ同士の合いも良好でとても順調に作業を進められてます。

ボークス 真紅 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_00020001.jpg 
DSC_00060003.jpg DSC_00090004.jpg
DSC_00120006.jpg DSC_00100005.jpg

ボークスガレージキットローゼンメイデンより真紅です。
良質のパーツ状態に恵まれて、自分にしてはかなり早く完成させることが出来ました。
read more...

ムサシヤ 水銀燈 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_00290013.jpg

DSC_00170009.jpg DSC_00200010.jpg DSC_00030003.jpg
DSC_00080004.jpg DSC_00100006.jpg DSC_00150008.jpg
ムサシヤ製ガレージキットローゼンメイデンより水銀燈です。
去年のワンダーフェスティバル冬(WF初参加でした)にて購入したキットです。
read more...

タミヤ マツダRX-7 R1 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_05530015.jpg

DSC_05330001_20080815215642.jpg  DSC_05390003.jpg
DSC_05440004.jpg  DSC_05610017.jpg
えーと、仮置きです。
ワイパー浮いてるのにアップロードするまで気がつきませんでした・・orz
あとフロントのナンバープレートつけるの忘れてる・・
手直し後に再度撮影しますので~

ファインモールド 1/72 サボイアS.21試作戦闘飛行艇 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_05420023.jpg 

DSC_05370018.jpg  DSC_05380019.jpg

DSC_05390020.jpg  DSC_05400022.jpg
ファインモールド 1/72 サボイアS.21試作戦闘飛行艇 前期型です。
一ヶ月ほど前に既に完成していたのですが色々ありまして紹介が遅れてしまいました。

一年間放置していたキットをようやく完成させることができました。
手をつけ始めた当時はコクピット塗装後本体接着→マスキング→再度塗装、という航空機ならではの工程が、とてつもなく面倒くさく感じられて投げ出してしまった記憶があります。まあマスキングや筆塗りに慣れてなかった、というのが大きな理由ですが・・

ファインモールドのキットは始めてでしたが、合いの悪い箇所が少しあっただけで問題なく組み上げられました。
パーツ数が少ないこともあり、僅か2日での超特急フィニッシュです。おかげで粗がちらほらと・・

製作に際してですが、手のひらに収まってしまうほどの大きさなので、やすりがけは慎重に、最小限に止めます。
また細かいモールドが埋まってしまうのを嫌いサフは吹きません。
しかし成型色が赤ということもありそのまま塗装したのでは透けてしまう為、隠ぺい力が高い色を薄く塗り、下地とします。
赤を塗装する部分にはフィニッシャーズのファンデーションピンクを使用。それ以外はファンデーショングレーを下地に。

塗装のほうですが、やはり主にフィニッシャーズカラーを使用してます。ここ半年ほどでかなり使用率上がってきてます。
赤部分はリッチレッドで塗装しました。また主翼、尾翼の白・緑ですが、ここはデカールを使用せず塗装で表現しました。

また後期型のキットに付属するポルコフィギュアを塗ってみました。こちらはエアブラシと筆を使って塗り分けてます。

短時間で仕上げた割りに見栄えが良く出来て気に入ってます。

ボークス 真紅 製作記3 

カテゴリー: 2008年製作記

盆休みなのをいいことに丸二日塗装に没頭、その結果がこれです!
DSC_05420001_2.jpg
瞳に塗ったエナメルクリアーがまだ乾ききっていないのですが、とりあえず完成しました。

マスキングが最小限で済んだのでサクサク塗り進められました。
前回ローゼンズを組んだときに真紅のドレスを鮮やかにしすぎた反省がありまして、今回は深く重い赤を表現することが課題でした。

ベースとなる色にフィニッシャーズのリッチレッド(クレオスのモンザレッドに似た赤)を使用し、それプラス艦底色でグラデーションをつけます。
その後シャドウ部分にクリアーレッド+艦底色を吹きつけ。
まだ赤の深さが足りないかんじだったので、今度はクリアーレッド+ピュアブラックを吹きつけ。
最後にクリアーレッド+クリアーブラックで全体の色調を整えました。

何層にも色を重ねた結果、かなり満足のいく色味になったのですが、撮影した画像を見てみるとまだ結構鮮やかな感じに見えますね・・実際はもう少し深い感じの赤なのですが・・

あと修理に出していたデジカメが帰ってきたので、休み中に撮影してUPしたいと思います。

L.M.U-23 博麗 霊夢&霧雨 魔理沙 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

ボークス真紅の塗装の合間をぬってこいつの製作を開始してます。
DSC_0535_convert_20080810023850.jpg
先日のWFにて購入した「ゆっくりしていってね!!」の魔理沙と霊夢です。

原作となる東方Projectですが、自分は一年ほど前にニコニコ動画にてその存在を知りました。ごっすんとか患部に止まってとかウサテイとか。
その影響で東方風神録をプレイしてますが、これがおもしろい!
シューティングなんてSFCのパロディウス以来で正直あまり好きなジャンルでもなかったのですが、迫り来る弾幕を避けまくる快感と美麗な演出にはまり込んでます。

しかしこのゲーム、ノーコンテニューでクリアーはかなり難しいですね・・EASYは割とすんなりいけたのですがNOMALノーコンテニューでつまづいてます・・ここ半年ほど暇なときにちょこちょこやってますがどうしても6面ボスの最後のスペルで残機が尽きてしまう感じです。なのでまだグッドエンドが見れてません。

またWF会場見回しても結構フィギュア化されている様子でしたね。その中でも気に入った、このキットと猫の事務所さんの霊夢と魔理沙、そしてWSCに選出された剛本堂さんの霊夢と魔理沙を買ってきましたので、もう同時進行で作っちゃおうかと考えてます。


ボークス 真紅 製作記2

カテゴリー: 2008年製作記

作例の質感を出すために色々と試行錯誤を繰り返しております。
DSC_0531_convert_20080810023653.jpg  DSC_0532_convert_20080810023806.jpg
昨日の状態からさらに色を重ねてます。
金属感がもう少し欲しかったので、エアブラシでハイライト部にスーパーゴールドを吹きつけ。
その後つや消しクリアーでコート。
そしてタミヤエナメルのフラットブラック+フラットブラウンでウォッシングを行います。
ふき取り後に再度ゴールドリーフをドライブラシ。
最後につや消しクリアーでコート。

なんとなくそれっぽい質感は出た、とは思うのですが・・
こればかりに時間を掛けるのも何ですので、とりあえずこのあたりで止めておきます。

ボークス 真紅 製作記1

カテゴリー: 2008年製作記

DSC_05520001.jpg
ボークス真紅製作中であります。とは言ってももう塗装中のパーツもあるのですが・・

とにかく抜群のパーツ精度と良好な表面状態で、仮組み、表面処理と特に問題なく進めてます。
パーツ数は30と比較的多めで、先に製作したムサシヤ水銀燈の2倍はあるのですが、表面処理に要した時間はその1/3足らずといったところです。
DSC_05390001.jpg
ベースとなる椅子から塗装に入ってます。レッドブラウンをベースに調色したものを下地とします。
ここからが悩みどころです。このアンティークチェアのゴールドをどのように表現するか・・
おそらく作例はドライブラシでゴールドを塗っていると思われるのですが、それだけで済ませている訳ではないはずでしょうし・・
悩んだ末にまずはドライブラシを何段階かに明度を変えて行うことに。
DSC_05410001.jpg
まずはタミヤエナメルのゴールドリーフ+フラットブラックでドライブラシ。
DSC_05420001_20080809005605.jpg
次にゴールドリーフでドライブラシ。
DSC_05430001.jpg
そしてゴールドリーフ+フラットホワイト+オレンジでドライブラシ。
段々それっぽくはなってきているのですが、まだ何かが足りない感じ。
もう少し様子を見ながら色を足していって見ます。


ワンダーフェスティバル2008夏 行ってきました

カテゴリー: GK・プラモ製作・その他

参加された方、お疲れ様でした!そして私も本当に疲れました・・二日たった今も疲れが完全にとれてません。

なんでも会場直後にエスカレーターが逆走する事故があったそうですね。私はTV局の方にインタビューを求められるまで全然知りませんでしたが・・会場での混乱を避けるために事故についてのアナウンス等はなかったようですね。
また1ステップに2人までのところを3,4人乗ってたとか乗ってなかったとか情報が錯綜しているようですが、要は重量オーバーをエスカレーターが検知して、非常停止させるような安全装置が正常に作動しなかった、ということではないのでしょうか・・
ともあれ怪我をされた方の回復と、WFが次回開催されることを祈るばかりです。

前回までは夜行バスにのっての現地入りだったのですが、今回はなんと前日入り!ホテルで一泊して早朝タクシーにてビッグサイトまで移動して、列の最後尾に着いたのが5時過ぎくらいでした。虚弱体質の私にとっては炎天下の中五時間弱並ぶ、というのが恐怖だったのですがゆみぽのフォローもありなんとか乗り越えることができました。ゆみぽありがとう!
最悪桜前線さんのシグナムヴィータ、WSC霊夢と魔理沙、夢のカグツチの公国さんのセイバーあたりが買えれば満足かな・・くらいの心積もりだったのですが!
CIMG2027.jpg
半年分の預金を開放!といった感じです。
とりあえず欲しかったものは8割方買えました。また会場で見て気に入った物も即購入。
ゆみぽも猫の小判さんのヴィータ、ガンドールさんのなのは、83℃さんのバーニングアリサが買えてご満悦な様子。
また素晴らしい作例の数々を直に拝見することができ、とても勉強になると同時にモチベーションも上がってきております。今これまでにないくらい積み(罪)が増えている状態なのですが、時間はかかれどもすべて完成させる!・・という気概でやっていこうと思っております(笑

とりあえず次作はボークス真紅で、既にサフ吹きが終わった状態です。また後ほどUpします~


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。