スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

剛本堂 霧雨魔理沙 製作記3

カテゴリー: 2008年製作記

さて前回に引き続き表面処理を進めていきますよ。
DSC_00040001_20080930214548.jpg
ペチコートのパーツですが・・ガッタガタですね。先端部の欠損も見受けられます。
欠けた部分にシアノンを盛り、シャープに整形します。
また裏から180番ペーパーで削り込み、薄く仕上げます。航空機モデラーの言うところの「うすうす攻撃」ですね。
DSC_00020001_2.jpg
・・疲れた・・しかしある程度の成果は出たかな、と。
指で触るとチクチクします。また先端はかなり薄くなっているので折れに注意!です。
また作例ではここに柄、というか模様に見せるための穴が開いていたのですが、真似しようかどうか考え中です。

そして一番の問題児と思われるスカート。
DSC_00120005_20080930214431.jpg
薄く成型されているのはいいのですが、そのせいか穴が開いていたり面がうねっていたりしてます。また何気に気泡が目立ちますね。
穴が開いているところは前後からシアノンを盛り付け補強。
気泡は一旦ピンバイスで開口した後、シアノンで塞ぎます。

そしてパーツ端をうすうす攻撃。
DSC_00040002_1.jpg
このフィギュアのもつ浮遊感、というか流れのあるかんじを演出するためにも、
この布地の質感にはこだわりたいところです。

すごく・・ボコボコです・・
DSC_00060002_20080930214538.jpg

ちなみに薄く削りこんだパーツ群です。
DSC_00050003_1.jpg
衣服のほとんどですね・・あー疲れた・・

そして前髪。ここはアップで見た際に目立つだけにキレイに、丁寧に仕上げたいところ。
DSC_00020001_20080930214618.jpg
軽くバリをとったところですが既にこの時点でピンピンしてます。指に刺さると痛いです。

それに比べ後ろ髪は若干エッジが甘い印象だったので少しシアノンを盛り付けてシャープに整形します。
DSC_00030002_2.jpg
まあ後ろ髪は帽子をかぶせてしまうとほとんど見えなくなってしまうんですがね・・

また髪のモールド、というか溝はすべてエッチングノコで深く掘り直しました。
充分シャープに成型されてはいたのですがついクセで・・
あと他のパーツの塗り分けラインやダルくなっているモールドなども出来る限り掘りなおしました。

だらだらと表面処理について書いてきましたが、ここで一旦区切って次回は仮組に入って行きたいと思います。



関連記事
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/106-d99cbd15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。