スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

剛本堂 霧雨魔理沙 完成しました。

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_00870001.jpg

という訳で剛本堂さんの魔理沙、完成です。
ここ2週間ほど睡眠時間を削っての作業が続いてましたが、やっと熟睡できそうです。
ともあれ今現在、心地よい達成感・疲労感を味わっております。

DSC_00260001.jpg

以下大量の魔理沙画像です。
かなり長い記事になってますが、よろしければread more..をクリックして御覧ください。

DSC_00040001_20081106052344.jpg DSC_00110005_20081106052405.jpg DSC_00080002.jpg
DSC_00090003.jpg DSC_00510017.jpg DSC_00170008_20081106052919.jpg DSC_00180009.jpg DSC_00450016.jpg DSC_00280014_20081106055728.jpg

まずはぐるりと一周。どの角度から見渡しても画になる、というのはすごいことですね。

DSC_00010001_20081106213924.jpg

DSC_00590018.jpg DSC_00610019.jpg
DSC_00690020.jpg DSC_00030002_20081106213948.jpg

「出来る限りアップに耐えられるように」を今回の自分の中の目標として、下処理の段階から塗装・トップコートまで可能な限り時間を費やし、丁寧な作業を心がけました。
特に気泡はもちろん、細かなキズの処理。これらは作品を上質に見せる為の最大の敵と考えこれでもかという位徹底的に、虱潰しに行いました。

DSC_00750022.jpg DSC_00830002.jpg
DSC_00850026.jpg DSC_00820001.jpg

このフィギュアのもつ浮遊感・飛翔感を表現するために、スカートやペチコート・エプロンのフリルなど、着用している衣服の縁を薄く加工しました。
また画像ではよく分からないのですが、ペチコート裏の合わせ目も丁寧に処理しました。

DSC_00810023.jpg DSC_00870001_20081106070348.jpg

箒ですが、見事なほどに細かいモールドが入ってます。こういう所は塗装で活かしてやりたいところ。
そこでウォッシングを施しました。本体との違和感がないよう極力気を使ったつもりでしたが、光の加減によっては汚れが際立ったりも。
柄はエナメルでうっすらと木目を入れてみました。
また作例と比べ、柄は多少長めに。迫力が出ないかと思って。
そして仕上げに塗膜の剥げ防止の為、手と干渉する部分にワックスを塗りました。

DSC_00920028.jpg DSC_00930029.jpg DSC_00960030.jpg

ツヤにもかなり拘ってみました。スカートや帽子のパープル、またリボンの赤ですが、ツヤを消しすぎると煤けてしまうというか、発色が悪くなり、そのせいか汚く見えてしまって。
かと言って半ツヤにすれば布の質感を失ってしまう・・ということで、ツヤを消しつつもキレイに発色するその落としどころを探ることに苦心しました。
あと髪もツヤの調整には気を使います。不自然にならない程度にツヤを残すように。
逆に肌は強マット仕上げ。ただハイライト部には多少ツヤを残すようツヤのグラデーションをかけてあります。
また唯一グロス仕上げの靴。途中研ぎだして鏡面に仕上げてみたのですが、組み上げてみると結構な違和感が。なのでその上からクリアーを砂吹きしてツヤを落ち着かせました。何事もほどほどが肝要ですね。

DSC_00100004_20081106070508.jpg DSC_00160007.jpg

帽子は着脱式になってます。後ろ髪は帽子をかぶってしまうと半分以上隠れてしまうのですが、隠してしまうのが勿体無いと思えるほどの良いクセっ毛ですね。
今回の撮影で一番残念だったのが、髪やエプロンなど淡い色のグラデがかなり色とびしてしまったことでしょうか。パールコートもうまく決まったのですが、その効果もほとんどわからなくなってしまいました。

DSC_00180010.jpg

剛本堂さんの作例と較べると、かなりかわいらしく仕上がった印象です。
このパープルに赤リボンというカラーリングは、東方花映塚での魔理沙の2Pカラーをイメージしてみたものです。
私的にはうまく纏まったのではないかと思っておりますが、皆さんの目にはどのように映っていますでしょうか。
関連記事
前ページ | | 次ページ

嫁バズ

URL | [ 編集 ] 2008/11/07(金) 17:20:32

昨日のアフリカゾウから引き続き、こんなに沢山の画像見せて頂けるとは思いませんでした。
Up画像も沢山あったので「うすうす攻撃」の効果の程のジックリと堪能させて頂きました。

一番驚いたのは、キャラの肌の質感です。今までは衣服の方に目が行ってたんですが・・・
こうやって組まれて完成した姿を見るにつけ、肌に自然と目が行きます。服が中身を惹き立てて
くれてる!って印象でしょうか?Upで見ると微妙な肌合いのグラデなどもキチンと表現なさっているので。
(きめ細かい感じの健康的な綺麗な肌質だなぁ~と;-;)

瞳の部分も、そこだけくり貫いてガラス玉を入れてあるんかな?って思う位艶っぽくて・・・
服も中身の部分もホウキの小物もそれに相応しい処理が丁寧になされてるので、これだけの画像みてて
飽きませんでした。やっぱり、立体って素晴らしいと思います。360度何処からみても楽しめるなんて・・・
これは平面絵じゃ中々表現が難しいので、管理人さんが羨ましいです。

抑えるべき処は抑えて魅せるべき部分は、きっちり魅せる処理。メリハリが利いてるし・・・
靴は設定だとエナメルな感じなんでしょうか?(間違いであったらスミマセンorz)
撮影の照明があたってあのエナメルな独特の光沢を放っていて、瞳の輝きと同じ位好きなパーツです。
製作もですが、撮影もお疲れ様でした。管理人さんの気合を画像からもヒシヒシ感じれて・・・
拝見してて心地良かったです!

*コミックボンボンについて
当時、コロコロと双璧をなす感じであった月刊誌なんですが、ガンプラ世代の私達にはバイブルと
呼べる漫画が連載されていまして。『プラモ狂四郎』です。其処で主人公がガンプラを製作して
プラモシュミレーションと言う装置で改造したガンプラで電脳バトルをすると言うものでした・・・
当時これに熱くなったものです。その漫画の他にも『ガンプラ改造講座』なる物がありまして。
ストリームベース小田雅弘さんや、ヒゲのプラモ怪人小澤勝三さんなどのプロモデラーが登場して
ガンプラを作っておられたんですね!私にとっては・・・今でも憧れの方達です。

けん

URL | [ 編集 ] 2008/11/09(日) 02:06:22

こんばんは。返事が遅れスミマセン・・

細かいところまで作品を見ていただけているようで嬉しいです~。手を尽くした甲斐がありました。
私からしてみると絵が描ける嫁バズさんがうらやましいのですが・・当方全く絵心はございません・・
靴は、立体での見栄えを優先してグロス仕上げにしたら、結果としてエナメルっぽい質感が得られた・・というところです。

プラモ狂四郎の名前は聞いたことはあったのですが、そんなにおバカで(褒め言葉)楽しげな作品だったとは!私がコロコロやボンボン読み出した頃には連載終了していたみたいですが・・
私はどちらかといえばコロコロ派で、ダッシュ四駆郎を楽しみにしていた記憶がw

佐倉

URL | [ 編集 ] 2008/11/11(火) 09:33:23

今更ですが完成おめでとうございます~!
なんと、ここまで寄った写真でもまったくアラが見えない!
このキットは製作された方はみなさん口を揃えて
「状態が悪くて大変だった」とおっしゃっておられて、
今まで見たアップの画像では磨き残しとか処理残しがあるものが多かったのに…
脱帽です。
2Pカラーも違和感なくぴったりですね!
元々の設定カラーがなんなのかパケ画見るまで思い出せなかったくらいです。
どんどん腕を上げておられますね。
自分のようにフィギュアのみではなく、いろんな模型を扱う基礎が
しっかりしてるからこそなんだなーと感心・反省しきり…

次回作も楽しみです!

けん

URL | [ 編集 ] 2008/11/12(水) 04:33:39

ありがとうございます!
>>状態が悪くて大変だった
そうですね~他の方の作品を見ても、キットの状態が響いてるのか、これ!という仕上がりの作品は見かけなかったり・・
だからと言うわけでもないのですが、キレイに仕上げてやりたい・・という気持ちはかなり強かったです。

>>2Pカラーも違和感なくぴったり
よかった・・そのお言葉が聞けてすごくホッとしております(笑
カラーリングを作例と変えてみたのは初めてだったので、他の人からどう見えるのかすごく不安だったのですよ。

ラクエルも作例とはカラーリング変えてみる予定なので、佐倉さんと同じく今から悩みまくってますが、うまく決めたいところですね。

あと私から見れば、フィギュア専門でやっておられる佐倉さんがすごくうらやましいのですが・・特にあの表情付けだけはどうやっても真似できません・・











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/120-5f201c0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。