スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

vispo ラクエルゴシック 完成

カテゴリー: vispo ラクエルゴシック

DSC_00020001_1.jpg

長い時間をかけて製作してきましたが、ようやく完成となりました。
おそらく作業時間に関しては自分の過去最高を記録しているのではないでしょうか。
作業を終えて、疲れた・・という感想しか出てこなかったりするのですが、ともあれ無事完成させることができホッとしております。

大量に画像をアップしたのでこの先かなり重くなっていますが、よろしければread more..をクリックして御覧ください。

DSC_00040001_1_20090213150447.jpg DSC_00060016.jpg DSC_00150041.jpg
DSC_00060018.jpg DSC_00030007.jpg DSC_00050014.jpg DSC_00060001_20090212172153.jpg DSC_00090028.jpg DSC_00110033.jpg
vispoさんのキットで有名なのはエヴァのレイとアスカのレーシングなキットなのでしょうけれど、私はファンタジックなイメージ溢れるこのオリジナルシリーズが一番好きですね。

ディアナとモルテは私が欲しいと思ったときには既に絶版で・・作ってみたいとは常々思っていたのですが。そんな折にvispoさんのHP上でラクエルゴシックの作例が公開され、いても立ってもいられずホビコン神戸にて入手→製作→完成、と相成りました。

製作に際して苦労した点は多々あれど、一番悩まされたのは、やはりオリジナルキット故のカラーリングの選択・・といったところでしょうか。
素直に作例の黒一色でもよかったのですが、vispoさんの日記の、
「本気で造るともっと色々やれると言うかやらなければいけないKITなので腕自慢はマスキング地獄を体験して下さい。」
との記述に触発されまして、じゃあそのマスキング地獄を味わってやろうじゃないか!とw

本体の若干パールがかったパープルに水色っぽいフリル、それに金髪はわりとあっさり決まったのですが、問題だったのが台座と翅。
本体とのマッチングで相当苦悩しましたが決まらず、それではいっそのこと好き勝手塗ってみようと。似合わなかったらドボンすればいいやと。
そうなふうに割り切り塗装に入りました。

DSC_00120034.jpg

DSC_00020004.jpg DSC_00050013.jpg DSC_00020003.jpg
DSC_00110032.jpg DSC_00030006.jpg
表情付けには今回かなり気を使ってみました。
気の強さを感じさせつつ、かつ優しい笑みを浮かべている・・みたいな。
今回は筆のほうが塗っていて楽しい、という単純な理由からエアブラシを使用せず瞳は全て筆塗りです。

DSC_00020001_20090212023539.jpg

DSC_00130037.jpg DSC_00020001_2_20090212023652.jpg DSC_00040008.jpg
さてラクエルさんの大きな特徴の蝶の翅ですが。
普通ゲームやアニメのキャラに生えているハネ(翼)って、天使っぽい白い鳥のものもしくは悪魔的なコウモリっぽい翼が大多数ではないでしょうか?あ、あとトンボっぽい半透明なやつとか。
そんな中でゴシック模様の蝶の翅・・どう見ても自然に生えたようには見受けられません。若干機械っぽいイメージでしょうか。
さらにその機械に血が通っているような、そしてかなり使い込まれている感じ・・というふうに妄想し塗装。黒→ゴールドを下地に何度も色を重ねました。

髪はブロンドのキラキラ感が欲しかった為、ガイアノーツのヘアーメイクセットを使用してみました。
しかしいいですね~これ。
当初はここからさらに毛先から赤→オレンジ→黄とグラデーションをかける予定でしたが、これだけでも充分だと思えたので、さらに塗り込みたい気をグッと抑えました。単にここまで来てドボンが怖くなった、とも言えますが・・

DSC_00090027.jpg DSC_00180045.jpg DSC_0008002401.jpg
下処理を時間をかけて行なった為、比較的キレイに、カッチリと塗り分けることができました。しかし・・マスキングにはホント疲れました。

斧槍の塗装は今回の課題のひとつですね。シャドーは強めにしたつもりがけっこう明るく光ってます。もう少し下地の黒を吹き残し気味にしても良かったかも知れませんね。

DSC_00060015.jpg DSC_00070019.jpg
台座ですが、アンティークな時計をイメージして塗装しました。 手法的には以前製作したアフリカゾウの台座とほぼ同様ですが、あれよりもっと深みのある色を出したくて、色々と工夫してみました。
表面の状態があまり良くない事と形状が複雑なことで、グロス仕上げに耐えるだけの下地を作るのに膨大な時間がかかりました。

さて、完成から2日経ち少し冷静になった目で見返すと、もっとこうすればよかった・・とか色々と思うこともあるのですが、現段階では中々満足のいくものができました。
これをひとつの目安とし、こいつを超えられるようなモノを作れるよう、また日々精進ですね。

DSC_00170043.jpg
オークション出品は今のところ考え中です・・
関連記事
前ページ | | 次ページ

嫁バズ

URL | [ 編集 ] 2009/02/16(月) 08:49:55

おはようございます!お久しぶりです。

完成されていたので・・・ビックリです。まずは何より、完成お疲れ様でした!!!
本当に綺麗な仕上がりです、予想してた以上の出来栄えに参りました。

翅の部分などは、少し機械仕掛けのギミックな雰囲気に色味もピッタリ!って感じですし・・・
(赤みを帯びた感じに金属などの独特の退廃感もあって、感動モノですね)

斧槍が金属に、木目調の台座は木に、本当に元がキットなのかな?って目を疑ってしまいます。
(けんさんが木から削り出し、鉄からも削り出してる絵が浮かぶ程、凄いです!)

私が今回のキットで特に目を引いたのは、パンストから靴にかけての光沢や、
あのパンスト独特の色合いです!とてもシンプルなんだけど、深みがあって、少し色褪せた感じもありで。
このスラリとした脚線美を嫌がおうでも、更に見せ付けてくれてます。
(本当、足が綺麗ですよ!この足なら踏まれてみたい!って思わせてくれますよ)

けんさん、製作お疲れの事だったでしょう?暫しご休息を取られます様に・・・
また、次回作を楽しみに・・・待ちたいと思います。
(休息ついでに、猫ちゃん達のお相手もしてあげて下さいね^^)

けん 

URL | [ 編集 ] 2009/02/16(月) 22:17:09

嫁バズさん、お久しぶりです~
また作品にコメントありがとうございます!

>>斧槍が金属に、木目調の台座は木に
質感表現には常に気を使っているので、そのお言葉はとてもうれしいです。
斧槍に関しては、少し反省点もあるのですが・・

ラクエルさん、よい脚してますよね~。その脚線美を引き立てつつ服と違和感ない色・・ということでパンスト(というかニーソでしょうか)の塗装は、黒で若干透け気味に塗装してみました。
実際黒のパンストやニーソでこんな透け方はしないのでしょうけれで、まあ・・そこは模型的表現ということで(笑

またお気遣いありがとうございます。
ここ一ヶ月ほどは暇があれば作業していたので、最近猫と遊んだ記憶がないですねー。
今製作中のキットが完成したら、休みの日に一日猫共と一緒にボーッと過ごそうかなと・・
次回作は、今回ほど時間を置かずにお見せできるかと思います。

ひまさん

URL | [ 編集 ] 2009/03/23(月) 06:27:00

fgでのお返事ありがとうございます。

スピンブラシの件ですが、アタッチメントの中に真鍮線を曲げたのがあるんですがこれはどういった場所に使うのでしょうか?

気になって夜も眠れません。

おかげで昼間は眠れます。

もしお時間がありましたらfgにレビューなんかあげてもらえるとうれしいです。

失礼いたします。

けん

URL | [ 編集 ] 2009/03/23(月) 23:28:15

あのアタッチメントの事ですね。了解です。

あれはですね、曲げた真鍮線の先に薄いプラバンを接着してありまして、そのプラバンにペーパーやスポンジヤスリを貼り付け使用します。

普段メインで使用している爪楊枝アタッチメントが真っ直ぐなので、ちょっと曲げた物を作ってやれば、爪楊枝では磨けない・磨きにくいような所(例えばラクエルの台座など)を効率的にヤスリがけできるのでは?との思いで作ったのですが・・スミマセン、ぶっちゃけあまり使えないです・・奥まった所を磨くのならほとんど爪楊枝アタッチメントで事足りてしまうことに最近気づきました。

夜も眠れないほど気にしていただいてなんだか申し訳ないです(笑
ただ、自分の使い方が悪かっただけで、うまく活用できるような場所があるかも知れません。
もしうまい活用法発見されましたら、コッソリと教えてくださいね!(笑

ひまさん

URL | [ 編集 ] 2009/03/26(木) 06:47:45

やはり使えませんか・・・。
曲がった先に力をかけれる方法があると思ったんですが。
やはり根気ですね

貴重なお時間頂きありがとうございました。

naoya

URL | [ 編集 ] 2009/03/29(日) 21:26:36

初めてのコメントですが、いつも素敵な作品楽しませてもらってます。
同じくモデラーをやっているnaoyaといいます。
デジカメの撮影で「(青よりの)紫」がなかなか出なくて悩んでおり、
宜しければこちらの作品の「服の紫色」は、実物と写真で違いが出て
いるのか、大雑把な感覚で結構ですが、お話お聞かせいただけませんか?
(他の作品の紫色でも結構なのですが・・・)

D40をお使いのようで、紫の再現性が良ければNikonも考えようかな、
など思っています。
質問で、しかも興味のない話題でしたら済みません・・・
これからも素敵な作品と写真、がんばって下さい。楽しみにしてます(^^)

けん

URL | [ 編集 ] 2009/03/30(月) 14:40:14

naoyaさん初めまして。当Blogを見ていただけているようでありがとうございます!

さてさて、紫の再現性の事ですが、私自身カメラを所有するのがこのD40が初めてで、他のカメラと比べてどうなのか?という事は分かりませんので、そういう人間の感想としてお聞き下さい。

撮影の前にいつも試し撮りを何回かするのですが、その際ホワイトバランスを何度か変えてみます。それをモニター上で確認し、全体的に自然に見える色温度を採用するようにしてます。
では画像と実物を比べて、紫の(ラクエルの場合は服ですね)再現度はどうかといいますと、やはり多少の差はありますが(実物はもうほんの少し青寄りでしょうか)、さほど気にならないくらいには写っている、とは思います。少なくとも写真と実物を見比べて、「これは詐欺だ!」というような事はないと思います(笑

うーん・・自分自身、色の再現に凄くこだわって撮影しているという訳ではなく、「自然に見えればOK!」くらいの感覚なので、あまり確かな事は申し上げられませんが・・ともあれnaoyaさんの参考になれば幸いです。

naoya

URL | [ 編集 ] 2009/03/31(火) 23:47:52

ご丁寧にありがとうございます!
自分も同じような手順で撮ってますが、友達に借りたミノルタ(SONY)とオリンパスでは
「青よりの紫」を撮ると赤が抜けた感じ(SONYの方が多少自然だった)になっていました。
D40はお話だと逆に赤がでているようなので、Nikon良さそうですね。

厳密な再現性を求めているわけではない(そもそもカメラも詳しくないです^^;)のですが、
モデラー(製作者)として「ここは見て欲しい!」といった部分はあるのかなぁと思ってます。
ともあれ、参考になるお話ありがとうございました(^^)











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/143-10e1230b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。