スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

サイコロキャラメル ベルベット 完成

カテゴリー: サイコロキャラメル ベルベット

DSC_0061.jpg
まずはWFに参加された方、お疲れ様でした。
買い物報告などはまた後ほどに・・

さてベルベットですが、WF帰宅後から細部の修正と台座の塗装を行いまして、ようやく完成しました。
いつものように高解像度画像は折りたたんだ先にあります。

DSC_0001_20090730051559.jpg DSC_0019.jpg DSC_0018.jpg
DSC_0016_20090730051600.jpg DSC_0012_20090730051600.jpg DSC_0006.jpg

DSC_0041.jpg DSC_0006_20090730064444.jpg  
DSC_0010_1.jpg DSC_0016_1.jpg DSC_0020_1.jpg

DSC_0027_20090730052246.jpg DSC_0023_20090730052128.jpg DSC_0014.jpg
DSC_0004.jpg DSC_0009_20090730052127.jpg DSC_0005.jpg

DSC_0061_20090730052002.jpg DSC_0054.jpg DSC_0059.jpg
DSC_0020_20091202011133.jpg DSC_0032_20091202011133.jpg
DSC_0006_20090730052002.jpg DSC_0010_20090730052003.jpg
DSC_0021.jpg
原作のオーディンスフィアですが、絵本のような手書き風のグラフィックが印象的な作品でしたが、それをどのように塗装で表現するか、という所が悩みどころでした。
全て筆塗りで、とかすごく面白そうだしいずれ挑戦してみたくもあるのですが(実は二つ目をWFでget・・)、今回は無難に作例を基準として塗装しました。
とは言えその作例自体が物凄くハイレベルで・・ただ、自分はイベントで直に作例を見ることができたので、web画像だけでは分からない箇所などを色々と確認できたのは大きかったです。まあそれがどれだけフィードバックできたかは言わぬが花ですが・・

それでも自分なりに塗りたい部分もあり、ちょこちょこと変更点もあります。
まずは台座。始めは「森」をイメージした感じで塗り進めるも、なんかうまくいかなかったのでドボン。
結局シックな落ち着いた感じに仕上がりました。蔦の部分はドライブラシです。
あと胸の下のフリル(のようなもの)。これ、「オーディンスフィア・アートワークス」によると金の鎖のようです。自分は下地を黄色系にして、その上からゴールドパールをコートしました。
黒っぽい腰布は、ゲーム中の印象に近い赤茶系で。
しかし作例準拠とはいえ筆塗りの比重が大きいキットでした。

関連記事
前ページ | | 次ページ

嫁バズ

URL | [ 編集 ] 2009/07/30(木) 23:16:50

こんばんわ!

元の原作をこちらで知ったんですが・・・(このゲームならファミ通の記事で見た事あります)
幻想的な雰囲気をそのまま、作られているのにビックリです。

なんと言っても『瞳』がスゴイですね;-;(今回はコレに参りました)
とても高価なドールに使用されてる、『グラスアイ』みたいな透明感・・・
これ、本当に、塗りなんでしょうか?ちょっと信じられない気持ちです;;

瞳の部分だけくり貫いて『グラスアイ』はめ込んだみたいに見えます><;
どの角度から見ても、彼女の視線に意思表示を感じます。・・・すごいなぁ!

『人形は顔が命』って言いますが・・・。
目は、そのキャラの『意思』の様なモノを表す大事なパーツだと思います。
このサイコロキャラメル ベルベットからは、そういったモノを強く感じちゃいます・・・

服や、その他のパーツが抑えた赤や黒系統で纏められてるので、
余計、瞳の澄んだパープルに魅せられちゃうと言うか・・・

鎖の先のクスリタルの様なパーツも然り・・・
キャラが乗る台座も・・・年季の入った職人手作りの工芸品!といった感じで流石ですねb
(けんさんが作られる台座は、キャラの魅力十二分に惹きだしてくれるアイテムかとbアフリカゾウの頃から大好きです。)

けん

URL | [ 編集 ] 2009/08/01(土) 02:48:16

嫁バズさん、こんばんわ。いつも細かいところまで見ていただいてありがとうございます!

瞳は一番時間をかけた所なので、そこを褒められるのは特に嬉しいです。
またこのキット、結構顔の彫りが深く瞳も曲率も高い感じなので、ドールの瞳っぽい印象を受けるのかも知れませんね。

ベルベットは憂いや悲壮感といったものを強く感じさせるキャラで、それを作例では見事に表現されていたので、それをなるべく再現できるように気を払いました。とはいえやはり自分のクセなどは出てしまってますが・・











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/170-6e692e7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。