スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

GILLGILLプラクティスキット ライオン製作・・そして完成

カテゴリー: 2008年完成品

CIMG1709.jpg

CIMG1696.jpg

CIMG1711.jpg

4月29日のWHF神戸にて購入したキットです。
ガレキの山を崩そうと決心したにもかかわらずまた積んでしまった自分・・このままではいかん・・ということで速攻で作ってみました。

パーツ数二つ(本体とベース)で表面の状態も良好だったので、離形剤を落とし、バリ取り、パーティングラインを消してすぐに塗装に入ります。
CIMG1627.jpg

サフを吹いたところ。フィニッシャーズのパワープライマーとアクリルプラサフを使用。乾燥時間短縮のため、ピュアシンナーで希釈し、薄く吹き付けます。
CIMG1632.jpg

ドライブースで30分ほど乾燥させた後、エアブラシで基本色の塗装へ。Mrカラーのダークイエローとレッドブラウンを使用。鬣部分はレッドブラウンを多めに混ぜたもので塗ります。
CIMG1635.jpg

ウォッシングしたところ。ここからは筆を使って塗っていきます。タミヤエナメルのイエロー、フラットブラック、フラットブラウンを使用。鬣と顔で少し塗料の混合比率を変えます。
ここでも乾燥時間短縮のため、ライターオイルで希釈。乾燥後につや消しクリアーでコートします。
CIMG1639.jpg

そしてドライブラシを。タミヤエナメルのフラットブラウン、イエロー、フラットホワイトを使用。3段階ほど塗料の明度を変えて行います。
ドライブラシ終了後、目、鼻、口などの細部の塗装を。この時点で耳を鬣の色で塗ってしまったことに気付き、基本色で修正・・しかし結構な違和感が・・悩んだ挙句、ここは漢らしく(?)「わざとだよわざと!」で通すことに・・ライオン君すまん。
最後につや消しクリアーを吹いて完成!実作業で5時間くらいでしょうか。
ミニチュアの剥製的雰囲気がかなり気に入りました。このシリーズ、他にゾウ、ゴリラ等がありますがそれらもまた作ってみたいですね。
関連記事
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/27-c6fdbeb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。