スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ムサシヤ 水銀燈 完成

カテゴリー: 2008年完成品

DSC_00290013.jpg

DSC_00170009.jpg DSC_00200010.jpg DSC_00030003.jpg
DSC_00080004.jpg DSC_00100006.jpg DSC_00150008.jpg
ムサシヤ製ガレージキットローゼンメイデンより水銀燈です。
去年のワンダーフェスティバル冬(WF初参加でした)にて購入したキットです。

DSC_00020002.jpg
DSC_00230011.jpg DSC_00090005.jpg
DSC_00260012.jpg
購入当初はムサシヤ製キットの質とか組み立て難度とかそういった事に無頓着で無知だった為、ただ無事に買えた事を喜んでましたね・・

いざ組むとなるとそのパーツ分割の大雑把さ、ヒケ、微細気泡等に泣かされました。
中でも背中の翼パーツはもう・・入り組んだ場所にあるゲート・バリ、埋まっているモールド、ガタガタの表面・・と下処理にかなり時間が掛かりました。
とは言ってもパーツ同士の合いは悪くなかったし、表面も一部のパーツを除ききれいでしたね。
バリとパーツの境が判らない、パーツ表面にびっしりと微細気泡が・・とかイベントキットにはそういうモノもあるそうなので、そのようなキットと比べるのならこのムサシヤ銀様はまだ「まし」な部類に入るのでしょうね。

塗装のほうですが、今回は肌部分にもサフを吹いて下地を作りました。
パーツ分割に難あり、と言えども元々が色数の少ないキャラでもあるのでそこまでマスキングに時間はとられませんでした。
難関だったのは(これはローゼンズの時もでしたが)胸元とヘッドドレスのフリルの塗装でしょうか。ちくちくとエナメル塗料を筆塗りで仕上げました。
ドレスの塗装には色々と試してこだわってみたのですが、結局は前回のローゼンズ水銀燈とさほど変わらない色味になってしまいました。

ヒケを処理しきれていなかったり、瞳の書き込みにもう少し時間をかけたかったり、等もう少し突き詰めたかった部分もあるのですが、組み上げてみればそのボリューム感、迫力にもう満足です。
関連記事
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://moronga.blog53.fc2.com/tb.php/78-96c563a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。